ブログ

住宅ローン控除1

住宅ローン控除の概要は
ご存知の方も多いと思います。

金融機関から
借入期間10年以上で
住宅ローンを組んだ場合、
年末(12月31日)の
住宅ローン残高の1%が
所得税から控除され、
また、住宅ローン残高の1%が
所得税から控除しきれなかった場合は
翌年の住民税から最大で136,500円が
控除されるという制度です。
※住宅ローン控除の対象となる住宅ローンは、
銀行や住宅金融支援機構などの
金融機関からの借り入れに限られ、
消費税対象物件の場合は最大で
一般住宅4000万円、長期優良住宅等は5000万円まで、
また、個人間売買など消費税が課税されない住宅の場合は最大で
一般住宅2000万円、長期優良住宅等は3000万円までの
借り入れが対象となります。

それでは、夫・妻・子ども一人の
三人家族で、夫の年収500万円、
妻の年収400万円の共働き、
住宅ローンは3000万円を
35年返済とした場合を
例に出して解説してみましょう。

年収500万円の場合、
一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、
個人年金保険料控除すべてを最大で受けたとして
計算すると、所得税額は約13万円となり、
住民税は約23.7万円となります。
3000万円を借り入れた住宅ローンの
年末残高が2960万円なっていたとすると、
控除を受けれるのは年末残高の1%ですから
最大で29.6万円となりますが、
所得税額は13万円ですので
16.6万円が引ききれずに
翌年の住民税から136,500円が
控除されることになります。
この場合、約3万円がまだ引ききれずに
残った控除額は消滅してしまいます。

では、このご家族の場合
控除額が消滅しないためには
どうすればいいのか?

この続きは次回ご説明いたします。

関連記事

  1. 住宅ローンの繰り上げ返済 期間短縮型と返済額軽減型
  2. 2019年秋 火災保険料値上げ
  3. 繰り上げ返済の効果
  4. 消費税増税対策に関して各省庁が優遇策を要望(新聞記事より)
  5. ファイナンシャルプランナーのアドバイスのウソ・ホント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP