ブログ

住宅ローン減税 3年延長

政府・与党は来年(2019年)10月の消費税増税に伴う
景気対策として住宅ローン減税を現行の10年から3年延長して
13年とする方向で調整に入ったと報道がありました。

新聞の報道によりますと、
当初10年間は現行どおり毎年末の住宅ローン残高の1%を
所得税などから控除(税額控除)される制度で一般住宅は最大400万円、
長期優良住宅等は最大500万円が所得税などから控除され、
延長される3年間は、住宅やマンションの建物購入価格の2%を3年かけて
所得税などから控除されるという。
ただし、建物の2%分の控除額と、現行制度の控除額である住宅ローン残高の
1%分を3年間控除した場合の額を比べて少ない方の額が実際に控除されることになります。

12月に入りましたので、平成31年度(2019年度)税制大綱も間もなく公表されると思います。
それまで、注意して観ていく必要があると思います。

関連記事

  1. 消費税増税はすぐ目の前に・・・
  2. 消費税増税対策に関して各省庁が優遇策を要望(新聞記事より)
  3. 2019年秋 火災保険料値上げ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP