ブログ

消費税増税 経過措置について・・・

昨年8月15日に、
このTopicsで
『消費税増税はすぐ目の前に』
https://www.jlp.or.jp/archives/176
で消費税増税の経過措置について

2019年3月31日までに
建築会社と請負契約を締結すれば
物件の引き渡しが増税後の
10月1日となっても
消費税率は8%のままですと
お伝えさせていただいたとおりです。

では、何でもかんでも
3月31日までに請負契約を締結すれば
物件完成引渡しが10月1日を超えても
消費税率は8%で大丈夫なのかというとそうではなく、
いくつかの条件があります。

物件完成引渡しが10月1日を超えても
消費税率8%となる条件・・・
1.建築する(建てる)土地が決まっている。
2.建築する建物の構造等が決まっている。
3.建築する建物の金額が決まっている。
以上の3点です。

建築会社(住宅メーカーや工務店など)と
契約をするのだから
上記の3つは決まっててあたりまえでしょ?
と、思われた方も多いと思います。

ところが・・・
消費税増税は今回で3回目ですが、
過去の増税時には
住宅会社の営業担当から
『〇月末日までに契約しておけば消費税は
増税前の税率で大丈夫ですから!』
と、購入する土地がまだ決まってないのに
建物だけを契約してしまって
結局は契約金も返してもらえず
増税後の税率で再契約を
させられてしまうという方がたくさんいました。

このように土地がまだ決まっていないのに
建物だけ契約することを
空中契約といいます。

請負契約にかかる消費税増税の
経過措置のタイムリミットまで
約2ヶ月半です。

マイホームを検討していて
消費税増税が気になる方は
当協会のFP(ファイナンシャルプランナー)に
お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 消費税増税対策に関して各省庁が優遇策を要望(新聞記事より)
  2. 住宅ローン減税 3年延長
  3. 2019年秋 火災保険料値上げ
  4. 住宅ローン減税 3年延長 その2
  5. 消費税増税はすぐ目の前に・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP